1. TOP
  2. Recruit
  3. 働く人を知る
  4. 若手社員インタビュー:国内営業部 内山 喜博

-RECRUITING INFORMATION- 採用情報

働く人を知る。社員インタビュー

「習うより慣れろ」まだまだミスもあるけれど、実戦で学んでいます!

2015年入社4年目 国内営業部 内山 喜博(加工部3年、国内営業部1年) 若手社員インタビュー

back

ネックレスに合うピアスのペアを選んでいます

大月真珠を選んだ理由

就職活動では、幅広い業界の説明会に参加し、特に業界を絞らずに選考に進んでいました。 合同説明会に参加した際には、沢山の企業が並ぶ中、特に採用担当者や先輩社員の様子に注目していました。 その中で大月真珠の社員はイキイキと輝いて見え、「ここの社員になりたい!」と強く思ったのが入社のきっかけです。 実のところ真珠に興味があったわけではありませんが、今では真珠について勉強しながら充実した毎日を送っており、自分の直感を信じて良かったと思っています。                 

宝飾部の後輩と商品について話し合います

現在の仕事内容

入社後は、約3年間、加工部に所属し、日々、真珠の選別作業を行いながら真珠を見る目を養いました。 その間にも、繁忙期の養殖場への出張や、約1ヶ月間の百貨店での販売研修など様々な経験を積みました。 3年間しっかりと真珠に関しての知識を得た後、国内営業部に配属されました。 国内営業部では、国内真珠卸売業者へ半製品の卸売営業、小売部門である宝飾部への真珠の供給を行っています。 国内営業部では、鞄に商材を入れ外廻りをする、といった営業スタイルではなく、取引先の方が来社され本社の応接室で商談が行われます。 来社していただくことにより、本社にある豊富な商材の中から取引先の要望に合うものを数多く用意できるのです。

豊富な商材が大月真珠の強みです!

現在の主な業務は、先輩社員が担当する取引先の注文に合った商品を準備することですが、最近では自分の担当する取引先を持って、一人で受注、商談を行うこともあります。 取引先の担当者と普段から情報交換や時には雑談も交えて、良い関係を作ることで、気軽に要望を伝えてもらえるよう心掛けています。 準備した商材が取引先の要望にマッチし、大きな売上に繋がった時は非常に嬉しく努力して良かったとしみじみ感じます。 また、もっと良いアプローチ方法があったのではないかなど、準備から商談までを振り返り反省することもあります。 喜びと反省の繰り返しですが、難しさ故のやりがいを感じています。

今後も、先輩社員の商談に同席し、営業スタイルや業界用語など、さらに勉強したいと思っています。 多くの経験を積みながら、自分の営業スタイルを確立し、また担当の取引先も増やし、会社の売上に貢献することが現在の目標です。

社員食堂にて。楽しい昼食のひと時です

就職活動中の皆さんへのメッセージ

就職活動では、自分が知っている企業だけでなく、知らない企業についても、具体的にどんな事をしているのか、見識を広める気持ちで多くの企業を見てください。 私はそのような気持ちで沢山の企業を回りました。 その中で行きたいと思った企業から内定をもらうことができ、入社してからもミスマッチを感じたことがありません。 内定を取る競争ではなく、自分に合った会社を見つける大切な期間という気持ちで就職活動に臨んで欲しいと思います。

▲ページTOPへ