1. TOP
  2. Recruit
  3. 働く人を知る
  4. 若手社員インタビュー:海外営業部 寺山 早紀子

-RECRUITING INFORMATION- 採用情報

働く人を知る。若手インタビュー

頼られる存在でいたい。日々のチャレンジが大事です!

2015年入社4年目 海外営業部 寺山 早紀子(海外営業部4年) 若手社員インタビュー

back

後輩指導では分かりやすい説明を心掛けています

大月真珠を選んだ理由

  学生時代はチアリーディング部で部長をしており、週に3回は練習、土日もイベントに出演といった多忙な環境だったので、時間がある時に動けるだけ動こうと、効率を考えながら就職活動を行っていました。業界は特に絞らず自分の軸を決め、気になった会社の説明会に参加しました。働き方や仕事への考え方が自分に合っているかどうか、社風や長く働ける環境があるか、勤務地などを私の軸としていました。 大月真珠に入社を決めたのは、長くこつこつと経験を重ねていく働き方が自分に合っていると感じたからです。

輸出の手続きのため税関へ行きます

現在の仕事内容

入社して2週間の加工部研修の後、総務部研修で基本的なマナーや電話応対を学び、5月の上旬に海外営業部に配属になりました。 海外営業部では海外への真珠の卸売を行っており、私はその輸出に関わる事務全般に携わっています。 通関手続きや在庫商品の動きを管理するシステムへの入力作業など、業務は多岐に渡ります。 様々な国のバイヤーと取り引きしているため、それぞれの国のルールに従って書類を作成しています。 期限が決まっている業務が多いので、優先順位を考える事が大切です。 バイヤーからのメール等での情報を営業担当者と共有した上で、次にすべき事を予測し、周りの状況を把握して優先順位を付けます。 常にバランス良く業務を行うよう心掛けています。まずは自分の役割をしっかり果たし、チーム全体で仕事がスムーズに回せた時は達成感を感じます。

サイズ・品番等、輸出する商品をチェックします

私は英語が特別得意というわけではなく、輸出事務も初めて触れる分野だったので、最初は分からない事ばかりでした。 英語に関しては、会社の教育制度を利用してスクールへ通い、実務でも先輩社員に指導を受け、少しずつ知識を増やしていきました。 経験を積み、今ではビジネスメールの作成も行っています。

入社2年目からは、香港で開催されるジュエリーショーにも参加しています。 主要な中国語を覚え、直接お客様と商談も行っています。商談の現場を経験すると普段の事務業務に繋がる事も多く、更に理解が深まります。 真珠も輸出事務もどちらも奥が深く、まだまだ知らない事が多くありますが、今後も更に経験を重ね、どんな事でも対処できる存在になりたいと考えています。

業務終了後、社内で開催されているヨガ教室でリフレッシュ

就職活動中の皆さんへのメッセージ

自分の大切にしたい軸は何かをはっきりさせて、広くたくさんの企業を見てみてください。 情報を集める事も大切ですが、百聞は一見にしかず。 まずは自分の目で見て、話を聞いて、また、会社や社員の雰囲気を肌で感じてみることも重要だと思います。 今後、自分がここで働きたいのか?というイメージを考えながら活動してください。 自分のやってきたことを信じて、より充実した就職活動ができる事を願っています。

▲ページTOPへ