1. TOP
  2. About Pearl
  3. 真珠の選び方

真珠の選び方

真珠を生み出す貝は、人間と同じで、1つ1つに個性があります。それゆえに出来上がった真珠のひと粒、ひと粒に顔があり、まったく同じものは世界にひとつとしてありません。

その真珠の価値を決める要素には、大きさ(サイズ)のほか、色(カラー)、光沢(テリ)、巻き、形、キズの6つの要素があります。基本的には、丸くてキズが少なく、光沢(テリ)のある真珠が、最も希少性が高く、高価なものとなります。

色(カラー)
真珠は白いというイメージが強いと思いますが、まず貝の種類によって色が違います。また、同じ品種の貝から生み出される真珠でも、実は微妙に異なるさまざま色の真珠が生まれます。
色は人の好みによってさまざまですが、一般的な人気色はアコヤ真珠の場合、ピンク系、白蝶真珠はピンクホワイトとゴールド、黒蝶真珠はピーコックカラー(グリーンブラック系色)の人気が高くなっています。
光沢(テリ)
光沢は「テリ」とも呼ばれ、真珠の輝きをあらわしています。真珠層が均一に積み重ねられ、表面が滑らかな真珠は光沢が出ます。光沢は下記の「巻き」とも関係し、巻きの厚い真珠の方が光沢が出やすくなるという傾向があります。
光沢(テリ)は、表面のきらきらしたものではなく、奥の方から深みのある輝きを放つものが良質とされています。光沢のある真珠は、イミテーションでは得られない真珠独特のやわらかい輝きを放っています。
巻き
「巻き」とは真珠層の巻き厚のことですが、肉眼で巻きの厚さを識別するには長い経験が必要で、一般の方が店頭で巻きの厚さを識別するのは困難と言えます。
一般の方でもできる簡単な「巻き」の識別法は、巻きが厚い方が深い光沢を生みますので、きらきらした表面上の上テリではなく、奥の方から深みのある輝きを放っている真珠を選べば巻きの厚い真珠を選んだことになります。
形は丸く真円に近いものほど良質とされていますが、丸い真珠以外にもオーバル形、しずく形のドロップ、三角形のトライアングル、ボタンのような形をしたボタン形などユニークな形のものがあります。
また、形の崩れた不定形のものはバロックと言います。バロックは、形が独特でまさに世界でその1粒しかない真珠と言えるでしょう。バロック形の真珠は、バロック真珠と呼ばれ、ヨーロッパなどで根強い人気があります。
キズ
キズの少ない真珠は希少性が高くなり、価格も高価になります。ただ、真珠は自然の産物なので、真珠層が形成される過程で天然のキズができてしまいます。
サイズ
基本的には、同じ品質の真珠であれば、サイズが大きくなればなるほど価値とともに価格も上がっていきます。サイズは、珠の直径をmm(ミリ)で表示しています。このほか、ネックレスの長さを表す単位は、インチ(inch)表示となっています。
  • アコヤ真珠
  • 白蝶真珠
  • 白蝶真珠ゴールド
  • 黒蝶真珠

▲ページTOPへ