1. TOP
  2. About Pearl
  3. アコヤ真珠

アコヤ真珠

真珠について

○ 冠婚葬祭のすべてのシーンに使えるオールマイティな真珠

サイズは、3mmから10mm位までで、中心となるサイズは7mm。
形状は、丸、変形、突起など、色目もピンク系、グリーン系、ホワイト系、クリーム系、ゴールド(金色)系などととても多彩です。真珠の輝きをあらわす光沢(テリ)は、干渉色があり、表面上の上テリではなく、奥の方から深みのある輝きを放つ透明感の高いものが良質とされています。

日本産アコヤ真珠の特徴は、真珠を形成している真珠層の透明感の高いことにあります。日本特有の四季の変化が、海水の水温変動をもたらし、そのことが良質な真珠を産出するのに最適な環境を生み出しているのです。また、この透明感の高さが他国産との光沢(テリ)の差につながって、日本産アコヤ真珠の人気の秘密ともなっています。

大きさに関わらず、丸くて無キズ、厚巻きで光沢のあるものが花珠と呼ばれ珍重されています。花珠は生産量全体の中でごく僅かしかできないため、とても希少性の高い真珠です。また、6mm以下のサイズは、近年、生産量が減少し、希少性が高くなっています。小さいサイズのアコヤ真珠は、ベビーパールとも呼ばれ、大きなサイズが主流の南洋真珠(白蝶・黒蝶真珠)では得られないかわいらしさが、その特徴ともなっています。

○ 主な原産地
日本、韓国、中国、東南アジア

▲ページTOPへ